V I V A!!  愛山

最近気になるお米があります。
そうみなさんご存知の愛山です。
「しらない?」と言う方も要チェックです。

最近の試飲会で美味しいと素直に感じるのが愛山だったのです。
自分の愛山に対する全体的な感想としては、
コクが増して旨口の酒になりやすいんじゃないかと、
コクといっても穀物のような旨みではなく、
熟した果実のような旨みが出てくる感じがします。
愛山を知ってまだ間もない個人的な感想なので
参考にはあまりならないですが(*ノェノ)

ある蔵では山田錦、雄町よりも
愛山は価格が高い酒米で、 
量も無いので確保するのも難しいそうです。
そしてお酒を造るのも難しい米で、
急にお米が溶け出すので目が離せないと言っていました。
高くて難しいなんて、蔵を泣かせるお米だな~

でも、美味しいんです。
僕の中には愛山ブームの風が吹いています。
当店の愛山四人衆です。
少しお酒の名前っぽいですね。
20160327180502bd7.jpeg
左から
【秋田】ゆきの美人 純米吟醸 愛山麹 生 2700円
【静岡】開運 無濾過純米 愛山 3000円
【佐賀】七田 純米 七割五分 愛山 生 2500円
【神奈川】いづみ橋 純米 愛山 3200円
上記の商品価格は全て【税抜き/外税】で表示しています。

お酒の味は蔵ごとの個性が出ていますが、
どれも愛山の果実のようなコクが隠れてます。(自分談)
どれか御一つでもお試しあれ~~。

         スタッフ 笠原
スポンサーサイト

新入荷!!

こんばんわ たけくま清水です。

昨日はお休みをいただいてまして、お店に来ると代わっている
物があります。
そう!新入荷されたお酒が陳列されています。

fc2blog_20160325183937153.jpg

大那・春摘み新酒 篠峯・無濾過生原酒 雄町
いづみ橋・純米 玉栄 雄町 うまからまんさく番外品
お客様にもオススメしやすいですが、商品の位置や
価格、味の説明をする為に試飲をしたりと覚える事が
たくさんあります。

fc2blog_20160325183932281.jpg

要望に即時に応えられるようにコンプリートしていかないと\(^o^)/
早速試飲します(あくまでも仕事ですからね!!)。

たけくまHPも新入荷にあわせて更新をしています!
こちらをご覧になられてお店に来るお客様もたくさんいます。
是非、チェックしてみてください。
 

利き酒なのか唎き酒なのか聞き酒なのか

こんにちは、加藤です。

前から気になっていたんです。
「唎き酒」が変換で出ない。
表記的には「利き酒」「聞き酒」でもOKらしいですが・・・


香りなのに聞くっていうのも違和感を感じますが。
お酒を聞くって表現は今昔物語の頃からも記載があるそうです。

「香りを聞く」って情緒豊かに感じる。
「鼻にて聞けば」のような使い方ですね。

唎くっていうのも利くに口をつけて、意味を持たせただけの模様。

利き酒するときもテーマを決めたりすると面白いですよね。

・生と火入れ
・お米の品種
・精米歩合
などなど

お米の品種に愛着がわいたりするかもしれませんね!

宣伝
ど辛の生原酒がひさしぶりに発売されました。
2016032118415867f.jpg

火入れをご利用の方、生もいかがでしょうか?

------------------------------------------------------------------
※ブログの特性上、掲載商品は完売している場合がございます。
在庫状況やお酒についての疑問などなど、お気軽にご相談ください。

地酒屋 たけくま酒店 
〒212-00026 神奈川県川崎市幸区紺屋町92
℡: 044-522-0022
FAX:044-522-1551





日本人形の町に迷い込む。。。

先日、両国で試飲会があり、
たくさんのお酒を楽しんだ後、
いや勉強した後ですね(//>ω<)

雨がしとしと降るなか
テクテクと歩いていると
やたら人形の看板を見るようになり。
浅草橋近くになると、


どちらかが「人形の○○~~~」のCMで
おなじみの人形の久月と秀月が隣り合わせ!
それ以外にも人形の吉徳など
オールスターが勢ぞろい!!
展示されている五月人形は
高そうなものばかり。

それ以外にも人形の装飾で使われる千代紙専門店や
人形に塗る道具の筆や刷毛の専門店など
日本人形のメッカでした。

散歩が好きで良く練り歩いていますが、
こういう発見をするとなんだかうれしいのですv(o゚∀゚o)v

酒の聖地は灘か伏見ですかね・・・

         スタッフ 笠原

3月9日の出来事。

こんにちは!たけくま酒店 清水です。

大袈裟なタイトルですが、試飲会に参加したときの話です。
最近、お酒の取引をさせていただくようになったお客様に
より、日本酒の見聞を広めてもらいたくエスコートをして
参りました!!
fc2blog_20160312190145fea.jpg

日本酒を買っていただく飲食店さんもそうですが、
そのお店で飲んでいただくお客様にも喜んでいただける
お酒選びの参考にしてもらいたいとのミッションを掲げ
試飲をしていく中で商品を提案しました。

fc2blog_20160312190137fb1.jpg

「生酒」がこんなに美味いのかと感動されている中で、
お店におかれているメニュー以外で「生酒」を販売したい
と「ゆきの美人 純米 生」を早速注文!!

かなりインパクトが強く、試飲された中で一番上手いと
お話されていました。
達成率としては30%ぐらい、もっと提案力を高めなければ!!

吹き出ます。開栓注意

こんばんは、加藤です。


七田おりがらみと手取川春の酒。
上記2種類、開栓時に注意が必要。

栓が飛んで吹き出る恐れがあります。

開ける手順
1フタを押さえながらアルミのカバーをはずす。
2フタを押さえながら少しだけ栓を緩める。
3液面が上がってきたらフタを戻す。

最初に押さえないとフタが飛んでいくので気をつけてください!!


201603111826018a3.jpg

しゅわっしゅわの日本酒いろいろ飲んでみて。
泡の大きさが物によって違う!?
口の中でしゅわしゅわだったりコポコポだったりするんだよねえ・・・

と思ったので蔵元さんに聞いてみたのですが

作るときにガス圧はコントロールできるが、泡の大きさについては仕込みの段階では
不明とのこと。

奥が深いですね。

------------------------------------------------------------------
※ブログの特性上、掲載商品は完売している場合がございます。
在庫状況やお酒についての疑問などなど、お気軽にご相談ください。

地酒屋 たけくま酒店 
〒212-00026 神奈川県川崎市幸区紺屋町92
℡: 044-522-0022
FAX:044-522-1551

続 泉橋酒造に再訪!! 冬の蔵見学。

少し暖かくなりましたが、
やっぱり燗ですね、いづみ橋ですね。
この前の続きですが、麹室からですね。

麹造り真っ最中な為、
麹菌がゾクゾクと繁殖中
ちゃんと手を洗ってから入ります。

写真は取れませんでしたが、
印象に残ったのはなんといっても
香ばしいかおりです。
夏にお邪魔した時にも薄っすら香りましたが
麹菌ががんばってるので
お米の香ばしい香りがなんともいえない!!

20160227182138529.jpeg
発酵が進んだ酒母です。表面には泡の塊がごっそりありました。
酒母室では出来たての酛から発酵が進んだもの、
上槽後のしぼりたてのお酒、
本当に鮮度抜群でフレッシュな味がしました。
おいしかった~

その後は酸とさまざまな料理の相性の勉強です。
20160227182208eb2.jpeg
豪華なランチで海老名の野菜や米がメインです。
きれいに盛り付けてもらって、本当にありがたいです。

お燗を味わいながらいろいろな料理を試して相性探しの旅です。
201603071134286b0.jpeg
左 いづみ橋 生もと純米 黒とんぼ 3333円(税抜)
右 いづみ橋 生もと純米 桃色黒とんぼ 3400円(税抜)
どちらもお燗にすると香ばしくなり旨みも膨らみます。
甲乙つけがたいですが、
好みとしては桃黒のほうが好きです。

酸の相性はハッキリとはわかりませんが、
煮豆などの甘いものと飲むと、
食材の甘みが増し酒の酸でスッキリと食べられます。
逆にピクルスやすっぱいものと飲むと、
お酒の米の甘みが引き立ち、食材の酸で引き締まるように感じました。

いづみ橋のお酒の懐が広いのか、
甘みと酸の補完関係が成り立っているではないですか!
さすがいづみ橋さん!!

夏、冬と見学しましたが、
また来たくなりました。
泉橋酒造の皆様、ありがとうございます。

チャオ!!

  スタッフ 笠原

そろそろ1年が経ちます。

たけくま酒店 清水です。

去年の4月から「たけくま」で働きだして1年が経とうとしてます。
思い出のお酒の話をしようと思います。

fc2blog_2016030411040266b.jpg

1年前、初めて試飲をさせてもらった「紀土・春ノ薫風」、
今までに経験したことのない香りと軽やかな甘さに
日本酒ってこんなに旨いものなんだ!!と強烈な
印象を受けました。

昨晩、1年ぶりの味を楽しむべく購入!!
花のように際立つ吟醸香としつこさのないほのかな甘さ
昨年同様にうなるほどの上手さを味わいました。

1.8ℓ・720mlとも販売しております。
是非、皆さんにも春のお酒を楽しんでもらいたいです\(^o^)/
プロフィール

たけくま酒店

Author:たけくま酒店
神奈川県川崎市 地酒と焼酎の専門店
たけくま酒店 
〒212-00026 神奈川県川崎市幸区紺屋町92
℡: 044-522-0022
FAX:044-522-1551
↓メインサイトです。こちらもご覧ください

  • たけくま酒店

  • 最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR