続 泉橋酒造に再訪!! 冬の蔵見学。

少し暖かくなりましたが、
やっぱり燗ですね、いづみ橋ですね。
この前の続きですが、麹室からですね。

麹造り真っ最中な為、
麹菌がゾクゾクと繁殖中
ちゃんと手を洗ってから入ります。

写真は取れませんでしたが、
印象に残ったのはなんといっても
香ばしいかおりです。
夏にお邪魔した時にも薄っすら香りましたが
麹菌ががんばってるので
お米の香ばしい香りがなんともいえない!!

20160227182138529.jpeg
発酵が進んだ酒母です。表面には泡の塊がごっそりありました。
酒母室では出来たての酛から発酵が進んだもの、
上槽後のしぼりたてのお酒、
本当に鮮度抜群でフレッシュな味がしました。
おいしかった~

その後は酸とさまざまな料理の相性の勉強です。
20160227182208eb2.jpeg
豪華なランチで海老名の野菜や米がメインです。
きれいに盛り付けてもらって、本当にありがたいです。

お燗を味わいながらいろいろな料理を試して相性探しの旅です。
201603071134286b0.jpeg
左 いづみ橋 生もと純米 黒とんぼ 3333円(税抜)
右 いづみ橋 生もと純米 桃色黒とんぼ 3400円(税抜)
どちらもお燗にすると香ばしくなり旨みも膨らみます。
甲乙つけがたいですが、
好みとしては桃黒のほうが好きです。

酸の相性はハッキリとはわかりませんが、
煮豆などの甘いものと飲むと、
食材の甘みが増し酒の酸でスッキリと食べられます。
逆にピクルスやすっぱいものと飲むと、
お酒の米の甘みが引き立ち、食材の酸で引き締まるように感じました。

いづみ橋のお酒の懐が広いのか、
甘みと酸の補完関係が成り立っているではないですか!
さすがいづみ橋さん!!

夏、冬と見学しましたが、
また来たくなりました。
泉橋酒造の皆様、ありがとうございます。

チャオ!!

  スタッフ 笠原

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たけくま酒店

Author:たけくま酒店
神奈川県川崎市 地酒と焼酎の専門店
たけくま酒店 
〒212-00026 神奈川県川崎市幸区紺屋町92
℡: 044-522-0022
FAX:044-522-1551
↓メインサイトです。こちらもご覧ください

  • たけくま酒店

  • 最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR